本のご紹介

画像の説明
皆さま、こんにちは。吹田市岸辺・健都の心療内科・精神科のむらかみクリニックのブログです。今日はクリニックの診察室に置いてる絵本を紹介させてください。
「じごくのそうべえ」で、落語の「地獄八景亡者戯」(じごくがっけいもうじゃのたわむれ)が元となっております。物語は荒唐無稽で、ひたすらあほらしい。くだらないと言ってしまえばその通り。古典芸能が元となっているだけに何か人が生きる知恵のようなものでも隠されているのかなと思うのですがそんなものは見当たらず。生きるってそんなに大したものではないといってしまえばそうなのかもしれませんが。
是非待合室で手に取って読んでみてください。

吹田市岸辺・健都の心療内科・精神科
むらかみクリニック