プレコックス感

こんにちは、吹田市岸辺の心療内科・精神科のむらかみクリニックのブログです。去年の出来事になりますが、漫才コンビ・とろサーモンの久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんがインスタライブで上沼恵美子さんに暴言を吐いて炎上というのがありました。上沼さんが実際に好き嫌いで点数をつけていたのかは分かりませんが、点数をつけたあとのコメントが雑な印象はありました。迷った感じがないというか、割り切ったようなコメントとでも言いましょうか。芸能界のご意見番的な立ち位置そのままのコメントというか。単に言い方だけの問題かもしれませんが・・・。結局漫才の評価なんて好き嫌いだと上沼さんを擁護する意見もネット上で見られましたが、それでいいのかと。
ふと思い出したのが「プレコックス感」という精神科で使う専門用語で、統合失調症患者を目の前にしたときに生じる独特の感覚のことを言います。独特の感覚なので言語化することが難しく、しばしば「統合失調っぽい」と同じ意味で使われ、結局は医者の主観で診断しているかのような印象を受けることがあります。精神科の病気にかかわらず診断や治療が医者の経験に左右されてしまうことを完全に排除することは無理ですが、何はともあれ丁寧に診察して、なるべく標準的であろう治療を提案することは欠かせないと思います。そのうえで診断に迷う場合や、標準的な治療で改善が見られない場合は、医者の主観や直観、経験の出番だと思います。いたずらに医学的な常識を否定するのは慎みたいと考えています。
ちなみに僕が好きな漫才コンビは新宿カウボーイズですが、2018年のM1は2回戦敗退でした。

吹田市の心療内科・精神科
むらかみクリニック