本の紹介

CCI_000019.jpg
こんにちは、吹田市岸辺・健都の心療内科・精神科のむらかみクリニックのスタッフブログです。本日は待合室に置いてある絵本の紹介させていただきます。
ヨシタケシンスケさんの『それしかないわけないでしょう』は、「みらいはたいへんなんだぜ」とネガティブに言うお兄ちゃんに対して、「いろんなみらいがあるでしょう」と気が付いてポジティブな想像をたくさん膨らませる妹が描かれています。
たくさん想像を働かせて夢見心地になっている娘に対して冷や水を浴びせて現実に戻すお母さんの存在も本の締めくくりとしてとても重要で、是非手に取って読んでほしいです。
最後に現実に戻すのが食べ物というところも示唆的でしょうか。

吹田市岸辺・健都の心療内科・精神科
むらかみクリニック