選ばれしものの恍惚と不安

こんにちは、吹田市岸辺・健都の心療内科・精神科のむらかみクリニックのブログです。10月19日にBABYMETALからYUIMETALの脱退が発表されました。「水野由結としての夢に進みたいという気持ちもあり、今回このような決断をいたしました」という本人のコメントを読んで思ったのが、やっぱり’やらされていたのかなぁ’という疑問が改めて浮かんでしまいました。BABYMETALには常に’まがい物’なのか’本物’なのかという論争が付きまとっていました。BABYMETALにはまったおじさんたちは、いい年になってアイドルにはまってしまった恥ずかしさを隠すようにBABYMETALに本物であることを求めてきました。BABYMETALもその期待に応えるように、コンサート規模を大きくし、海外ツアーを積極的に行い、ロックのレジェンド達と共演してきました。この子たちはこれが本当にやりたいことなのだろうかとう疑問がどうでもよくなってしまうほどの活躍でした。YUIMETALのfavorite musicianはCANNIBAL CORPSEということになっています。これについては海外サイトのWikipediaに書いてあることが本当かウソか本人に尋ねるという映像でYUIMETAL自身がTRUEと答えていますが、当たり前に考えると完全にネタ。YUIMETALの脱退と同時に発表された新曲’Starlight’は初期の’まがい物’感ないしはバンドのコンセプトであった’かわいい’感の微塵もない真っすぐなメタルソングです。役割分析では、人間は他人からの役割期待によって社会で役割を与えられる存在で、どの期待に応じるかのジレンマや個人の本来のパーソナリティーと求められる役割期待がそぐわないことを役割葛藤と呼びます。最初の疑問の答えはもちろん分かりませんが、これからも期待に応え続けることを選んだSUMETALとMOAMETAL、別の役割を選んだ水野由結さん、両者のご活躍をお祈りしております。

吹田市岸辺・健都の心療内科・精神科
むらかみクリニック