自殺予防週間(2)

こんにちは、吹田市岸辺・健都の心療内科・精神科のむらかみクリニックのブログです。今日は9月10日の世界自殺予防デーにまつわるニュースの紹介です。ネタ元はこちら(英語サイト 日本語サイト)をご参照下さい。世界自殺予防デーの9月10日にアイルランドのヒューストン・ダブリン駅でPINK FLOYDのWISH YOU WERE HEREを120人で歌うフラッシュモブが行われたというニュースです。日本でフラッシュモブというとプロポーズでやられて嫌だったというエピソードが定番ですが、こちらのフラッシュモブはハートウォーミングな瞬間として伝えられています。この曲はドラッグ中毒・精神疾患を患った元メンバーのことを歌った曲というエピソードが付きまとうのですが、元メンバーのことを慮っているというよりは元メンバーの変わり果てた姿を見た自分の苦悩をひたすら歌っているような曲で、こういう機会に歌われることに違和感を感じたりはしますが、僕の理解が間違っているのか、文化の違いなのかは判りません。何はともあれ、こういう活動の積み重ねで精神的な不調を気軽に口にできる社会に少しでも近づけばと思います。

吹田市岸辺・健都の心療内科・精神科なら
むらかみクリニック